忍者ブログ
「描いて解脱」呪詛のようにつぶやき絵を描く日々
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



「絶滅危惧種だし貴重種なのも自覚しているけれども、買ってくれないと次が漉けない」

買ってくれないと紙の需要がないってことで廃れちゃう。だからどんどんいろんな種類を使って描いて特徴をつかんで私の紙はこの紙だ!と選び抜いて。一枚の紙に四人の画家さんがついてくれれば一軒の漉き手さんが漉き続けられる。と先日紙屋さんの彼女は言いました。
四人・・。とはいっても版画の人が多くいく紙屋さんだから日本画レートで見たら10人ぐらいで支えないといけないのかもね。
でもこの頃たくさんいろんな紙買ってみたけど小さいのだったら一枚500円ぐらいの紙がたくさん売っているからそれで描き飛ばしていけばめちゃくちゃ紙に対しての筆の感じがつかめるようになるんだと思う。


墨で描いてみた。いろいろ。
楮紙は洗い目の紙はやっぱり筆は引っかかるけど、筆の強制ギブスだと思えばいい気がする。なんか置き方やはらい方って向きがあるんだよきっと。そういうのを学ぶにはうってつけだと思う。引っかかるのがやだったらこすればいいわけだし。

それから雁皮。これはもう素直の一言。だけどはじめの骨描きというか線描の時は滑らかな動きにうっとりだけど、後半はたと気づく。質も全部描かなきゃなんじゃんっ。そう、紙が助けてくれない。むしろ楮紙のザラザラの目の荒いほうがずっと質を作りやすいごまかしやすい?

なんかもうっ
これでもかってぐらいに描かなきゃだめだと痛感する。半紙とはまた別の世界観だった。紙恐るべし。
描いて解脱。
遠い…。
でもやる。
PR


この記事にコメントする
Name
Mail
URL
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Title
この記事へのトラックバック
[100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [93]  [91]  [90]  [88]  [86]  [84
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
このサイトについて
このサイトは年金貰うまで若手作家、年金貰って青年作家という少しアレな世界に足を突っ込んだ人間のブログです。あわよくば各方面より指摘をしていただいて、若手作家:冨川三和五(冨川美和子)がまっすぐ正しい方向に進む為のブログである。日々間違えたとわかれば軌道修正、弛まぬ努力と精進を胸に。コレを読んだ若手作家にはこのサイトをたたき台として利用し検証し、重箱の隅をつつき、且つ実験や情報をコメントして頂、共に成長していこうという趣旨でもある。
間違いなどをやさしく指摘、もしくは指南してくれる人大大歓迎!世の中こんな仕組みというのも教えてくれると嬉しいです。
ブログ内検索
最新コメント
*コメントについて* コメント記入者によるコメント修正ができるようになりました、08/03/04。記入時にパスワード(←各々任意に作成)を入れるのを忘れないようにしてください。
[01/18 アカメ]
[11/16 アカメ]
[11/09 アカメ]
[10/25 アカメ]
[09/29 アカメ]
プロフィール
HN:
冨川三和五
性別:
非公開
自己紹介:
「案ずるより生むが易し」というけれど、すぐにひるむ逃避大好き人間。
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
Designed by astrolaBlog