忍者ブログ
「描いて解脱」呪詛のようにつぶやき絵を描く日々
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



「その見込み甘いよ」
女王様は言った。
その通りだった。
わーんっ
だってできるとおもったんだもん。仕立ててもらったら高いと思ったんだもん!
だからだからがんばればひとりでできるもん!って思ったんだもん!

注:38歳


わたしは絵を貼る支持体としてどうしたらいいか悩んでいた。漠然と屏風がいいなーと思っていた。

かみ屋のおじさんに聞いてみたらば
「サイズは?」
「180ぐらい」と漠然とサイズを言ってみた
「はい、かいさーん」
「ええ?」

その場にいた表具師さんともども解散になった。ど、どぼぢて…。
家に帰って調べてみると屏風にもある程度決まったサイズがあるようだと知った…。
ヤバイ。不勉強だったのがバレたんだっ。

うーん。うーん。ぴこーん!
じゃ、売ってる古い屏風を買えばそれならサイズも古典サイズでいけるだろう!
と、考えネットで買うことにした。
本紙側を剥いて貼れば無問題!と考えた。
しかし縁をはずすことは素人には無理だろうと考え、どうするとはずせるかを師であるミサえもんにお伺いを立ててみようと思いついた。
私、あったまいいー。

「どうやると取れるのかなー、おしえてーミサえもーん」(←脚色)
「縁ー?あー?んーまーうちでやってやろうかー?屏風ー?つか本紙剥がして貼るの?どうすんの?ゆがむよ。画は肌裏にさらに貼ってからじゃないと…。下貼りは?あああーま、そういうのは開けなきゃわかんないよー」
そう、素敵表具店店主 ミサえもんは言った。
「まあ、いっぺん持ってきなさい。」
「わーい」
その言葉に甘え、いそいそと女王様を使って私は持っていった。
袋貼りまで講習してやるとお話をいただけた。やったー!
女王様は言った「甘いよ、見込み甘いよ」
私にはそんな言葉はどこ吹く風でまったく聞こえなかった。


が、本紙を剥がしてみると女王様の予言どおり案の定その屏風の中身はイカレテイタ。いやとうの昔に逝かれていたご様子だった。
「ネットじゃなー」
その場にいる職人四人の笑顔がグサリと胸に刺さった。
私でも分かるほどの逝かれっぷりだった。
「いい勉強代だよ」
そうそんな言葉が私に掛けられた。

…私は曲がりなりにも劣化について皆々様に迷惑をかけながら勉強したつもりだ。
ここで大きな声で堂々と言おう!
「そう、私の買った屏風はとんでもなく劣化していたんだーい。だーい…だーい…だーい…」

「さいしょからやれば?」
みさえモンは優しかった。ミサえもんだけは優しかった!慈愛に満ちていた。助けてミサえもん!そんな言葉をかけずともやさしくいってくださった。でもそれは始めからやるってことで、下貼りを一からやり直すってことでくっついているものを全て取り払ってから再度貼りなおすと言う事だった!←ココ、愕然とするところだよ!

「あー凄い灰汁だねー」
「わーすっごいペラペラっ」
「悪い見本の見本市みたいだねー」
「どうこのパリパリッぷり」
「知ってる?劣化した紙燃やすと黒い灰ができるんだよ」
「なんか目がかゆいと思ったらソレですね」
「おお、この組子ひびはいってるとちがう?」
「字が出た字が出た。年号を探せ!」
「このふるい蓑貼りの奴頑張って補修する?金になるかもよ。ま、なんないだろうけど。」
「ねえ穴を空けたら10円とかって徴収すれば?ぽすっ←指で穴空けて遊ぶ様」
「屏風一回もやったことないのにいきなりリペア。こんな難しいのがはじめてなのなーはっはっはっはっ」

素敵なミサえもん軍団に数多のナイフ指摘を受けた。
みんなとっても優しかった。
みんなのぬるい視線が私にはとても眩しかった。
女王様は
「だから最初っから見込み甘いって言ったじゃーん。あ、そうだ木部さんに注文しに行きたい。だからふかわさんっ一緒に会いに行こう。ねっ。」
「ううう…うん。 い い よ。」
家来が窮地に陥ってもやっぱり女王様は女王様だった。
家来は木部さんに連絡を取るための勅令を賜った。


そして翌日からガシガシ作業が始まった。
「剥がし終わったら、水で熟ませてへらで剥がして雑巾掛け」
「はいっ おおおーぅ」

「これ貼れ」
「はいっ、紙はどうやって切るでありますかっ」
「しらんのかーっ」
「はいであります!」
「こうやるのだー!」
「はいっ…できました!どうやって貼るでありますかっ」
「こうだー!」
「はいっ」
「次これ貼れ!」
「はいっ紙が数えられません!」
「お前は小学生の母親だろう!」
「はいであります!でも数えられません!」
「紙の数え方はこうだー親指でつまんでひねる!」
「はいであります!」
「できとらんではないかっ!よくみろ!こうだ!」
「わかりました!子どもをつねるような動きですね!」
「おまえは子どもをつねるのかー!」


紙を折らずに四角く美しく採る方法、紙を数える方法、のりの置き方やきり方、のりの効率の良いのばし方、あまたのことを教えていただきました。ありがとうございます。感謝いたします


「で、どうしてここにきてるの?友人の息子の嫁とは聞いているけど」
職人さんも疑問ですよね。こんなペーペーの道場付属カルチャー上がりのニンゲンが天下のミサえもん道場仕事場営業中に来てたら…。お仕事お邪魔して本当に申し訳ない次第です。

「はっはいであります。好事家さんより紹介を受けスタートした紙行脚であります。数寄和さん直さん資料保存器材さん、特種製紙商事さん、●き●●さん、かみ屋さんです。そしてココは義母からの紹介にて伺ってます。」
「はあ、一通り回ってきてるのね。で、特種製紙って誰にあったの?」
「特種製紙商事の神谷さんです!」
「オレ友達」
「!!!」

またしてもこんな偶然が…。
少しナイフも優しく投げてもらえるようになりました。
神谷さんありがとう。またAFプロテクト注文するね!
「刷毛!持ち方真ん中持って!」
「はいいっ」

でもでもでもでもまだまだ終わりません。うわーんっ

「後五日かかるな/にやり」
「ひーっ」


PR


この記事にコメントする
Name
Mail
URL
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Title
この記事へのトラックバック
[223]  [206]  [202]  [200]  [199]  [196]  [194]  [192]  [190]  [187]  [185
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
このサイトについて
このサイトは年金貰うまで若手作家、年金貰って青年作家という少しアレな世界に足を突っ込んだ人間のブログです。あわよくば各方面より指摘をしていただいて、若手作家:冨川三和五(冨川美和子)がまっすぐ正しい方向に進む為のブログである。日々間違えたとわかれば軌道修正、弛まぬ努力と精進を胸に。コレを読んだ若手作家にはこのサイトをたたき台として利用し検証し、重箱の隅をつつき、且つ実験や情報をコメントして頂、共に成長していこうという趣旨でもある。
間違いなどをやさしく指摘、もしくは指南してくれる人大大歓迎!世の中こんな仕組みというのも教えてくれると嬉しいです。
ブログ内検索
最新コメント
*コメントについて* コメント記入者によるコメント修正ができるようになりました、08/03/04。記入時にパスワード(←各々任意に作成)を入れるのを忘れないようにしてください。
[01/18 アカメ]
[11/16 アカメ]
[11/09 アカメ]
[10/25 アカメ]
[09/29 アカメ]
プロフィール
HN:
冨川三和五
性別:
非公開
自己紹介:
「案ずるより生むが易し」というけれど、すぐにひるむ逃避大好き人間。
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
Designed by astrolaBlog